滅菌銅コーティングでウイルス対策
SPEEE3D ACTIVATED COPPER




ACTIVAT3D copperとは?

ACTIVAT3D Copperとは、SPEE3D技術を使用した
滅菌銅コーティングテクノロジーです。

最新のテクノロジーにより、SPEE3Dプリンターで既存の金属部品を銅で
コーティングすることが可能になりました。これは、ゼロから銅部品を
造形するよりも効率的です。
オーストラリアのNATA認定臨床試験専門ラボである360Biolabsは、
物理的封じ込めレベル3(PC3)のラボで、生きたSARS-CoV-2
(新型コロナウイルス)に対するACTIVAT3D COPPERの効果をテスト
しました。その結果、2時間で96%、5時間で99.2%のウイルスが死滅
したのに対し、ステンレス鋼は同じ時間枠での減少は見られませんでした。
(ステンレス鋼は現在、衛生環境で一般的に使用されている素材です。)


参考リンク: 新型コロナ感染症:ウイルスはどれくらい長く物質上にいるのか~残存率低下の条件とは(Yahooニュース)

銅コーティングによるウイルス対策のしくみ



銅がバクテリアを殺す正確なメカニズムはまだ研究中ですが、銅の表面で
バクテリアやウイルスが死滅するという実験データには説得力があります。



1.微生物が銅の表面に着地すると、銅はイオンを放出します。




2.銅イオンは水分や酸素と反応して活性酸素を生成します。




3.銅イオンと活性酸素は細胞の外膜を破り、細胞全体を破壊します。



DNAやRNAそのものが破壊されるので、細菌やウイルスが突然変異して銅に耐性を持つようになったり、他の微生物に遺伝子情報を転写することができなくなります。



何処に使うのが効果的か

ACTIVAT3D Copperは、ドアハンドル、プッシュプレート、手すりなど、一般的に
手で触れる表面をコーティングすることができます。また、銅のパーツそのものを
可能な限り迅速に製造する事もできます。
銅による滅菌性コーティングは、病院や他のいくつかの分野でプラスの影響を与える
ことができます。現在のCOVID-19パンデミックでは、病院、高齢者介護施設、空港、
公共交通機関、必須な職場、刑務所などが優先されています。


なぜ3Dプリントなのか?

銅は電気的な用途では非常に一般的ですが、ドアの固定具のような建築用途ではあまり利用されていません。 銅の部品は従来の方法では製造が難しいため、3Dプリントは銅製品を迅速に展開するための唯一のツールになるかもしれません。 残念ながら、ダイレクトメタルレーザー焼結(DMLS)のような他の銅の3Dプリント方法は、時間とコストがかかります。 SPEE3D技術は、それを迅速かつ低コストで実現します。


金属3Dプリンタ SPEE3D




ケーススタディ

SPEE3Dチームは、わずか5分でステンレス製のドアタッチプレートやその他のハンドルをコーティングするプロセスを開発しました。

デジタル印刷ファイルは、世界中の参加パートナーに共有され、数日のうちに、米国デラウェア大学、メルボルンのスウィンバーン大学、
ダーウィンにあるチャールズ・ダーウィン大学(CDU)に新しくコーティングされた備品が設置されました。


チャールズ・ダーウィン大学 (オーストラリア)


チャールズ・ダーウィン大学 (CDU)は、SPEE3D社と提携し、Advanced
Manufacturing Allianceを設立しました。同アライアンスは、業界パートナー、
業界関係者、学術関係者と協力して、実際のアプリケーションを開発し、
業界の手順や基準を作成し、材料開発を推進することを目的としています。

CDUの研究・イノベーション担当ディレクター、スティーブ・ロジャース博士
は、この結果は有望であり、この革新的な技術がウイルスの生存率を低下させる
のに役立つことに興奮していると述べています。




スウィンバーン工科大学 (オーストラリア)


SPEE3Dとのパートナーシップであるスウィンバーン工科大学は、現在の状況に
迅速に対応し、ACTIVAT3Dの銅製プッシュプレートを短時間で製造しました。
LightSPEE3Dプリンターを使用して、既存のステンレスプレートの銅コーティング
に成功し、このコーティングプロセスのスピードと簡単さを確認し、従来のステン
レス鋼を新しいACTIVAT3Dプレートで置き換えることの簡単さと実用性が、
試験的に実証されました。
- スレシュ・パラニサミー准教授



デラウェア大学 (アメリカ)


デラウェア大学のデジタルデザインおよびアディティブ・マニュファクチャ
リングのアシスタント・ディレクターであるラリー(LJ)ホームズ氏は、
次のように述べています。
"デラウェア大学の科学者とエンジニアは、このグローバルな研究協力に参加
できたことを光栄に思います。私たちは、COVID-19で効果のあるシンプルで
インパクトのあるソリューションを開発することの重要性を認識していました。
ここ数ヶ月の間にサプライチェーンが不足していることを認識していたため、
製造速度が優先事項であることは、このチームにとって明らかでした。
この技術を使用して、私たちは人が触れる頻度の高い表面の安全なオプション
を迅速に提供することができました。