LightSPEE3D


金属粉体を音速の3倍速で噴射・吹付

SPEE3D社製金属3Dプリンタ LightSPEE3D



SPEE3D社は、世界で初めて通常の金属粉体を超速度・噴射・吹付の特殊技術で直接溶解を実現、
3D造形を可能にしました。
この超音速3次元積層法(SP3D:Supersonic 3D Deposition)の開発により、今迄のレーザー方式の最大1000倍の速度で造形を実現、 一般工場の製造現場での作業スピードに合う製造スピードで3D造形行うことがが出来る様になりました。

特長:
・高速&低コスト
・音速の3倍速の特殊ノズルで金属粉体を3D造形
・レーザー方式と比較して最大1,000倍の速度で3D造形
・3D制御噴射に6軸のロボットアームを採用 - サポートなしで45°のオーバーハングをプリント可能
・材料はアルミと銅に対応



基本仕様

造形サイズ300 mm x 300 mm x 300 mm
最大造形重量3000 g
材料銅、アルミニウム粉体
積層率最大 100 g/分
積層スポットサイズ4 - 7 ㎜
対応ファイル形式STL
インターフェイスタッチスクリーン
電源415V(三相)、50Aソケット
圧縮空気30 Bar、1.0 m3
ノイズ< 85 dbA @ 1m30 Bar、1.0m3
機械寸法3190 x 1460 x 2330 mm
重量約 2500 kg
外部コンプレッサ30 Bar、1.5kW、三段階往復
エア/ダスト排出未蒸着粉末処理用3