サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > バーチャルリアリティ > ポジショントラッカー/モーションキャプチャー > データグローブ > CyberGlove/Ⅱ

高性能データグローブ CyberGlove/Ⅱ

概要

CyberGlove/ⅡはCyberGlove Systems 社の
高性能データグローブです。
CyberGloveはケーブル接続、CyberGloveⅡは
ワイヤレス接続です。

CyberGlove は、18または22個の高精度センサーを内蔵した、高性能データグローブです。独自の抵抗屈折感知技術を用い、手や指の動きを関節角度のデジタルデータへリアルタイムで正確に変換します。
パソコンに送られる関節角データは、付属のVirtualHandソフトウェアによって、グラフィックハンドとして表示され、操作者の微細な指の動きも正確に反映します。
グローブに内蔵のセンサーは、1本の指につき3つの曲げセンサー、4つの外反センサー、手の平の反り(手掌弓)、そして曲げと反りを計測するセンサーから成ります。それぞれのセンサーは極薄で柔らかくその存在に気付かないほどで、軽量で伸縮性のあるグローブの素材を損なわず一体化しています。
伸縮性に優れた丈夫なストレッチ素材で作られたグローブは軽量で装着性に優れ、ナイロン製のインナーグローブも用意されていますのでシミュレーションやトレーニングでの複数人の使用でも快適な操作が行えます。
ケーブル接続タイプのCyberGloveと、ワイヤレス接続のCyberGloveⅡの2機種が、それぞれ右手と左手用に用意されています。


特徴

指の手の微細な動きを正確に再現

高精度センサー最大22個内蔵

リアルタイム変換

伸縮性・軽量性によって優れた装着感

ワイヤレスタイプ及び触覚オプション

VRツールキットVIZARDでアプリケーション開発が容易

Pythonスクリプトによるプログラミング

多彩なファイルフォーマット(wrl、osg、ive、dag、obj、lwo、lw等)に対応

バーチャルリアリティ、アニメーション、バイオケミカル、モーションキャプチャ等幅広い用途

仕様

型名 CyberGlove CyberGloveⅡ
ホスト接続方式 有線 ワイヤレス
利き手 右手用または左手用
センサー数 18又は22
センサー分解能 1度以下
センサー再現性 3度(wearings間の平均)
センサーリニアリティ 最大0.6 %
センサーデータレート 90レコード/秒(標準)
グローブサイズ・重量 フリーサイズ・85g フリーサイズ・70g
(電池、アダプタ込み・215g)
インターフェイスユニット 76.5mm x 115.6mm x 26.4mm -
ケーブル長 7.62 m -
インターフェイス RS-232(115.2kbaud) USB(ワイアレスレシーバの接続)
対応オペレーティングシステム Windows XP/7(32bit/64bit)
ワイヤレス 対応グローブ数 - 2
ワイヤレス帯域 - 2.4 GHz
バッテリー動作時間 - 3時間
バッテリー寿命 - 1年で元容量80%への低下
バッテリーチャージャー - 別ユニット
可動範囲 - USBポートから半径9m以内
認可 - CE、FCC


オプション

用途に応じてさまざまなアクセサリーが用意されています。

CyberGloveⅡ(ワイアレス)CyberTouch 触覚フィードバックオプション
CyberGloveⅡには、リチウムイオンバッテリーとチャージャー、USB接続のワイヤレスBluetoothアダプタが付属します。 Visualeyezシステム用
ワイヤレスマーカー
バッテリー駆動によりマーカー単体での完全なワイヤレスオペレーションが可能



VRアプリケーション開発用ソフトウェアツールキット

多様な3Dモデルやマルチメディアフォーマットのインポート

各種VR周辺機器のダイレクトサポート

カスタマイズも可能な高度な特殊効果や処理機能

PythonスクリプティングとC/C++プログラミング

リアルタイムアプリケーションの正確なコントロール

数種類のアバターが標準で付属

Vizardはバーチャルリアリティ技術を応用したインタラクティブ3Dコンテンツ制作のためのソフトウェアツールで、CyberGloveを用いたテスト用プログラムの短時間での試作から、3D仮想空間を利用した本格的なアプリケーション開発まで、幅広い用途と目的に対応しています。
直感的なユーザーインターフェイスと強力なPythonスクリプトによって、プログラミング経験のないユーザーでも容易に使いこなすことができ、完成したアプリケーションは実行形式ファイルとして自由に配布することができます。
CyberGloveに加えて、力覚フィードバック装置や立体視プロジェクタなど、数多くの周辺機器のインターフェイスも備えています。


ページトップへ戻る