サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > バーチャルリアリティ > ポジショントラッキング > ART ハイブリッド方式フルボディ・リアルタイム・モーションキャプチャ

ART ハイブリッド方式フルボディ・リアルタイム・モーションキャプチャ



■赤外カメラによる光学式トラッキングと慣性センサを組み合わせた
  ハイブリッドシステム
■ターゲットが障害物に遮られても慣性センサにより継続して
  トラッキング
■身体の各部に簡単に着脱できる6DOFターゲット
■全身タイツ式のスーツ着用が不要
  -作業者の交代が容易かつ快適
  -上半身や下半身のみのトラッキング
■簡単フルボディ・ヒューマン・キャリブレーション
■2人の作業者の同時モーションキャプチャが可能

■各種ソフトウェアへのインターフェイス
 CATIA、DELMIA、alasla/Dynamicus、MotionBuilder、Jackなど

生産現場での動作解析を容易にする
ハイブリッド・モーションキャプチャ・システム
■ 障害物の多い環境のためのモーションキャプチャ

生産現場での作業性検証のためのモーションキャプチャにおける大きな課題のひとつが、トラッキングカメラの配置方法の難しさでした。例えば車のボディ内での作業をトラッキングする場合、ボディ内へのカメラは位置は至近すぎます。ボディの外からカメラで作業者をトラッキングしようとすると、フレームやその他の機構によってカメラの視界が遮られ、マーカーターゲットがしばしば見失われることになります。また、生産ラインでの作業姿勢や動作取り込みも、多くの障害物が同様の難しさを生じさせていました。

この問題を解決するのが、ART社のハイブリッドモーションキャプチャシステムです。全身の動きのフルボディモーショントラッキングのために、17個の6DOFターゲットに、15個のワイアレス慣性センサを組み合わせ、カメラ・ターゲット間が遮蔽されても、全身の動きをスムーズにデータ落ちなく取り込むことを可能にします。

これまで周囲障害物のために困難とされてきた、組み立てラインなどあらゆる環境でのリアルタイムフルボディトラッキングを可能にすることで、人間工学的検証のための極めて信頼性の高いデータ取得を提供します。


■ モーションキャプチャ赤外カメラ
ARTTRACK
最大7メートルに及ぶ広範囲でのモーションキャプチャに対応、高精度6DOFトラッキング、カメラ間の光学的干渉のないデータ安定性、最大50台カメラ設置の拡張性、外部同期対応等といった、ART社のフラグシップモデルとしての優れた性能と豊富な機能を備えています。トラッキング範囲に応じて、ARTTRACK2とARTTRACK3の2機種が用意されています。



■ 赤外光 880nm(ARTTRACK2) / 850nm(ARTTRACK3)
 LED光源
■ フレームレート 60フレーム/秒(可変)
■ 動作距離 最長4.5m(ARTTRACK2) / 最長7.0m(ARTTRACK3)
 (パッシブマーカーのサイズによる)
■ ターゲット数 制限無し
■ 視野(FOV)* 95° 水平: 72° 垂直(焦点距離 2.6mm)
74° 水平: 55° 垂直(焦点距離 3.5mm)
■ カメラ台数 50台まで
■ ケーブル接続 同期信号:BNC(75Ω)
データ信号:Ethernet
■ 電源 12VDC 15W(ARTTRACK2)
48VDC 35W
(ARTTRACK3)
(ACアダプター付属 100~240V 50/60Hz)
■ 外形寸法
 (mm) 
109 x 78 x 120(ARTTRACK2)
106 x 120 x 140(ARTTRACK3)
■ 重量 0.96kg(ARTTRACK2)
1.5kg(ARTTRACK3)



■ワイヤレス慣性センサ仕様
 ・ 3軸加速度計
 ・ 3軸ジャイロスコープ
 ・ 3軸磁気抵抗センサ
 ・ 2.4GHz帯ワイヤレス通信
 ・ 動作距離範囲 10m

■標準システム構成
 ・ 赤外カメラ
   (ケーブル、電源付)
 ・ ワイヤレス慣性センサ
 ・ フルボディ用
   6DOFターゲット
 ・ コントローラ
 ・ キャリブレーションツール
 ・ 専用ソフトウェア
   DTrack2


身体的作業深評価
エルゴノミクス解析ツール


 

●動作解析用バイオメカニカル人体モデル
 ・43個の人体パーツと42関節で
  最大139自由度に及ぶ精巧な人体モデル

●労働安全のためのエルゴノミクス評価
 ・交通信号を模した赤/黄/緑インジケータ
 ・到達性/可触性評価、可視性評価

●身体的作業負担評価表の自動作成
 ・ヨーロッパ標準規格EAWS対応

●多様な人間工学的解析への活用
 ・安全拘束システムの衝突シミュレーション
 ・車両シートの快適性評価
 ・スポーツ、リハビリテーション分野