サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > バーチャルリアリティ > 3Dプロジェクタ/モニタ > AlioScopy 裸眼立体画像ディスプレイ

AlioScopy 裸眼立体画像ディスプレイ

3Dメガネ不要の3Dディスプレイ
Alioscopy社の3Dメガネ不要で立体画像が
楽しめる3Dディスプレイです。
特許取得済みのLenticularレンズの働きで、
深度の深い立体画像を映し出します。


特徴

偏光メガネなしの裸眼で立体ステレオ画像が見れる

24インチの他42インチ及び47インチの大画面

2D及び3Dコンテンツの両方をサポート

広範囲のアプリケーション

原理

左右の目に、8段階の視点を投射することで、偏光メガネなしの裸眼で立体ステレオを実現。
奥行きを出すには、左右の目が示唆のある映像を見る必要があります。Alioscopy社のディスプレイは、独自のLenticularレンズを装備しており、左右それぞれの目に対して8段階の異なる映像を映し出します。視差のある角度から見ると、それぞれのレンズは異なる視点を拡大しますので、3D効果が得られ、コンテンツのボリューム感を再現出来ます。

コンテンツの作成方法

Alioscopy 社のディスプレイは2D及び3Dコンテンツの
両方をサポートします。標準のビデオが表示できるほか、
3DS-Max、 Maya、Lightwave、XSI 等の一般的なソフト
ウェアで生成の特定の3Dコンテンツも表示できます。
ボリュームで表示するには、3D画面は1つではなく
8つのややオフセットなカメラから生成される必要が
あります。



どのように機能するか

Mixingアルゴリズムは複数の poV をサブピクセルの
レベルで画像上でエンコードします。
これは、Lenticular レンズを使用して、どのように
ピクセル構造を配置するか定義します。
レンズは、アルゴリズムで使用されるサブピクセル
サイクリックに対応する角度で画面に配置されます。
Alioscopy 社では、それぞれのラインで1個のサブ
ピクセルのシフトを行い、LCD画面上で最適な角度に
Lenticular レンズを配置します。



Mixing アリゴリズム

Alioscopy 社のディスプレイは2D及び3Dコンテンツの
両方をサポートします。標準のビデオが表示できるほか、
3DS-Max、 Maya、Lightwave、XSI 等の一般的なソフト
ウェアで生成の特定の3Dコンテンツも表示できます。
ボリュームで表示するには、3D画面は1つではなく
8つのややオフセットなカメラから生成される必要が
あります。



主なアプリケーション

デジタル広告   マーケティング /
    コミュニケーション
3次元アプリケーション
 ・ショッピングセンター
 ・空港及ホテル
 ・映画館
 ・営業活動
 ・遊園地
 ・スポーツアリーナ
 ・ゲーム
 ・軍用
 ・会社のロビー
 ・ショールーム
 ・プレス関係
 ・展示ホール、
  展示会及びイベント
 ・販売店
 ・医療用及び
  科学イメージング
 ・シミュレーション
 ・CAD、設計プロトタイプ
 ・建築及び
  インテリアデザイン
 ・博物館



仕様

型名 3DHD-24 3DHD-42 3DHD-47
画面サイズ 24インチ 42インチ 47インチ
光学コンポーネント Lenticular Lens Lenticular Lens Lenticular Lens
3D 解像度 1920 x 1080
又は 1920 x 1200
1920 x 1080 1920 x 1080
視点数 8 8 8
輝度 400 ed/㎡ 500 ed/㎡ 500 ed/㎡
2D 互換性
3D 入力 DVI のみ DVI のみ DVI のみ
重量 15 kg 52 kg 65 kg
消費電力 91W 260W 260W
電源 100 ~ 120 VAC 100 ~ 240 VAC 100 ~ 240 VAC
最大可視距離 3m(近粗野)
6m(遠視野)
9m 9m
最小可視距離 1m(近視野)
2m(遠視野)
2.5m 3m



ページトップへ戻る