ユニバーサルロボット



協働産業用ロボットアーム
UNIVERSAL ROBOTS

人と共に働ける協働ロボットが
        ついに手軽に導入可能に


ユニバーサルロボットは、あらゆる規模の企業に生産性と安全性における優れた優位性を提供します。 プログラミング経験がなくても簡単に使用することができるため、現在人手に頼っている作業を即座に
自動化することができます。
ユニバーサルロボットは世界中に何千台も導入されており、世界中の工場で防護柵を必要とすることなく人間と協働しています。

Universal Robots

なぜユニバーサルロボットなのか

容易なプログラミング
ユニバーサルロボットの特許技術によって、プログラミング経験のない操作者でも3Dビジュアル機能を用いて直感的に素早く立上げ、操作をすることができます。ロボットアームを手動で任意のウェイポイントに移動するか、あるいは使い易いタブレットのタッチスクリーンの矢印キーをタッチするだけです。

迅速な立ち上げ
ユニバーサルロボットは、従来数週間単位であったロボットの設置に要する時間を数時間にまで短縮、ロボットの立上げに革命をもたらしました。お客様からは平均立上げ時間はわずか半日との報告もいただいています。ロボットを開梱して設置し、最初の単純なタスクをプログラムする作業に要する時間は、経験の浅いオペレーターでも通常1時間未満です。

業界最短の投資回収期間
ユニバーサルロボットは、ロボットのプログラミング、立上げ、遮蔽された専用の作業セルなどに関連する従来の追加コストは一切なく、ロボットによる高度な自動化のあらゆる利点を提供します。ロボットによる自動化は中小企業にとっても手頃な価格で導入いただけます。

再配置の柔軟性
特定の作業に特化した専用ロボットの制約は、もはやなくなりました。ユニバーサルロボットは軽量で場所を取らず、生産設備内のレイアウトを変更することなく、さまざまな用途に応じて容易に再配置できます。 手早くかつ簡単にロボットを新しい工程に移せることで、小ロットや迅速な生産切り替えを含め、ほぼすべての手作業を自動化できる高度な機動性を実現します。また、作成した反復作業プログラムをロボット間で再利用することも可能です。

優れた協調性と安全性
きつい・汚い・危険、あるいは単純で退屈、そうした作業をロボットに任せることで、作業者の反復性ストレスや事故による傷害を大幅に削減することができます。 世界各地で使用されている数千台に及ぶユニバーサルロボットの80%は、リスクアセスメントに従った上で安全柵なしで作業者のすぐ隣りで作動しています。 ユニバーサルロボットの安全システムは、TUV(ドイツ技術検査協会)の承認を受け、認定されています。


主な作業用途

ロボットによる自動化は到底無理なこととお考えでしたら、再検討いただく時期が来ました。ユニバーサルロボット社の協調ロボットは、あらゆる規模の生産現場にぴったりと適合します。小ロット、混合製品組み立て、原材料取り扱いに、ユニバーサルロボット社のフレキシブルでユーザーフレンドリーなロボットを活用して、競争力強化を目指してはいかがでしょうか。わずか195日の平均投資回収期間で、どのような作業の自動化ができるのか、ここにご紹介します。
溶接
材料試験
組み立て
食品の扱い
塗装
ピック&プレース
パッケージング/パレタイズ
マシンテンディング
研磨
接着
医用加工
品質検査

協調ロボットを先導するマーケットリーダー

各所で活躍する協働ロボットたち

適応的安全性に対応した力制御
ユニバーサルロボット社のロボットは、人と接触した場合、 特許技術による機能が働いて接触点で力を制御します。 さらに、人がロボットの作業領域に侵入した時には制限モードで作動し、 人が領域から出て行くと全力作動に戻るようにプログラムすることも可能です。
「これまではブレーキプレスの近くで手作業をしなければ ならず、いつ事故が起きてもおかしくありませんでした。 ユニバーサルロボットを導入したおかげで、怪我の心配が なくなりました。」
カナダのシェルフ・ラックメーカーEtalex社の機械オペレーター Richard Clive氏は、「UR10のおかげで職場が100%安全になった」と語っています。



複雑な用途に精密に対応
ユニバーサルロボットのアームは、6つの関節それぞれを毎秒180°の速度で制御することができ、先端のツール部の速度は毎秒1 mに及びます。±0.1 mmの繰返し位置決め精度によって、精密な作業を高速に行います。アームの電源を入れると各関節のアブソリュートエンコーダが正確な絶対位置を即座に取得するため、自動起動や他の装置への組み込みを容易に行うことができます。
「スイッチを切っても同じポジションに留まることが可能など、他には見られない機能を評価してUR5ロボットを選びました。精度、確度、安全性が求められる医療的な処置において、手の動きの軌跡をロボットでテストする際にとりわけ重要です。」
ポーランドAGH科学技術大学のGrzegorz Karpiel博士は、UR5を使用して人間の手作業よりはるかに正確に幹細胞の生体内への移植を行っています。

機動的な生産を実現する可搬性
安全柵が不要なロボットは、自動化の柔軟性を格段に高めます。 ユニバーサルロボットの軽量ロボットアームは、簡単に持ち運びができ、 他の生産作業にも容易に再配置することができます。
「当社にとっては安全性、機動性、柔軟性が何よりも重要です。 通常のロボットとは違って、安全柵の必要もなく、別の作業工程への再配置も簡単で、 プログラマが3日がかりでコーディングをする必要も、ロボットの移設に数名の作業員やクレーンを使う必要もないのです。」
デンマークのガラスメーカーGern Glas社の工場長
Bo Detlefsen氏。




優れた信頼性で生産を最適化
ユニバーサルロボットの定格寿命は、最大可搬質量・最大速度で作動して35,000時間です。保守サービスが必要な場合でも、関節部の交換はわずか1時間で完了します。また、ユニバーサルロボットは、厳しい環境条件や温度の変化に対する優れた耐久性を持っています。
「当社の設備は週6日24時間稼働しています。シンガポールでは優秀な熟練労働者を確保することがますます難しくなっており、人件費の負担が増え続けています。そこでコストを抑えるため、反復作業の自動化の必要が生じたのです。」
シンガポールのSky Engineering社のオペレーションマネジャーWilliam Kuek氏。同社では、URロボット導入以降、CNC装置2台に作業員1名という恵まれた環境にあります。


製品ラインナップ

 型  名

UR3

UR5

UR10

 可搬質量

3 kg

5 kg

10 kg

 最大リーチ

500 mm

850 mm

1300 mm

 本体質量

11 kg

18.4 kg

28.9 kg

 動作範囲

± 360°

 速  度

360°/秒 (全手首軸)

180°/秒 (その他関節)

1 m/秒 (ツール部)

 設置寸法

φ118 mm

φ149 mm

φ190 mm

 繰返し精度

± 0.1 mm

 動作自由度

6軸回転関節

 コントローラ寸法

475mm(幅) × 423mm(高さ) × 268mm(奥行)

 入出力信号

 デジタル入力

16(コントローラ)、2(ツール)

 デジタル出力

16(コントローラ)、2(ツール)

 アナログ入力

2(コントローラ)、2(ツール)

 アナログ出力

2(コントローラ)

 入出力電源

24V 2A(コントローラ)、12V/24V 600mA(ツール)

 通  信

TCP/IP 100Mbit:IEEE 802.3u、100Base-TX
Ethernetソケット及びModbus TCP

 プログラミング

Polyscope GUI (12インチタッチスクリーン)

 騒  音

比較的静か

静か

 保護等級

IP64

IP54

 消費電力*

100W

200W

350W

 協働作業

15種類の調整可能な
安全機能

15種類の調整可能な安全機能
試験済みのロボット:
EN ISO 13849:2008 PL d
EN ISO 10218-1:2011、条項 5.4.3

 材  質

アルミ、プラスチック(PP)

 設置環境温度

0℃ ~ 50℃

 電  源

100 ~ 240VAC、50 ~ 60Hz

 ケーブル配線

ロボット - コントローラ間:6m
ペンダント - コントローラ間:4.5m


ユニバーサルロボット
ユニバーサルロボット社はこちら