自律走行ロボット開発用プラットフォーム TurtleBot 2


   Turtlebot 2
オープンソースハードウェアのコンセプトにより、汎用技術を効果的に組み合わせ、
自律走行ロボットの研究・教育・試作に最適な開発プラットフォームを提供します

■ 3Dセンサ
    ASUS Xtion PRO
■ 移動ベース
    Yujin Robot製 Kobuki
■ インターフェイス/通信
    WiFi、Ethernet、
    USB (ノートブックPCに搭載)
■ プログラミング
    ROS オープンソースソフトウェアツール
 ROS - Robot Operating Systemについて
 ROSは、ロボットアプリケーション開発の為の
 ソフトウェアフレームワークで、米国Stanford
 大学 AILaboratoryにて2007年に開発され、
 現在Willow Garageによってサポートされています。
 ROSは完全なオープンソース(BSD)で、誰もが無料で使用する事が
 できそのコミュニティは世界各国に大きく広がっています。


《TurtleBotを活用した応用事例》
 マルチロボットシステム 移動マニピュレーション 遠隔操作(マスター/スレイブ)

自律制御ロボットの開発

【最初の構成で最大の効果を】
TurtleBotは、自律ロボットアプリケーションの研究・開発のための、低価格で使い勝手の良いプラットフォームです。
システムは、Yujin Robot社のKobuki、ASUS社製モーションセンサ Xtion PRO、小型ノートPC、そしてジャイロセンサで構成されており、各機器が効果的に統合されています。プラットフォームの構造は、ユーザーの用途に応じて自在にカスタマイズできるように、様々な器具や装置を柔軟に取り付けられるように設計されています。

【オープンソース・オープンコミュニティ】
TurtleBotは、Willow Garage社のオープンソース・ロボットオペレーティングシステムROSの標準プラットフォームとしてサポートされています。ROSのコミュニティには数千に及ぶソフトウェアリソースが公開されており、OpenCVやPCLといった強力なコンピュータビジョンライブラリを活用したアプリケーション開発や、追加ハードウェア用のドライバーの入手、新たな制御アルゴリズムの試験などが可能となります。

ロボット工学の新たな次元へ

【導入後すぐに使える開発環境】
TurtleBotにはROSベースのオープンソースSDKが付属しており、直ちにアプリケーションの開発に着手することができます。TurtleBot SDKには、TurtleBotを駆動・制御するために必要なソフトウェアがすべて含まれており、マッピングやナビゲーションといった高度な機能も提供されています。

カスタマイズとプログラミング支援

TurtleBotの可能性をまさにこれから引き出そうとしているすべてのユーザーに、Clearpath Robotics社と日本バイナリーは惜しまぬサポートを提供します。例えば、特定の用途に応じたカスタマイズ、さらにプログラミング実習やセミナーの開催といった支援も行っています。お気軽にご相談ください。

TurtleBotシステム構成

A:移動ベースと電源ボード
・プラットフォームYujin Robot製 Kobuki
  サイズ : 354 x 354 x 420 mm
  重量 : 6.3 kg
  耐荷重 : 5 kg
  最高速度 : 0.65 m/s
・ジャイロ1軸ジャイロセンサ(110度/秒)
(キャリブレーション済)
・バッテリー最大 4400 mhAh Ni-ion
・電源5V 及び 19V 1A / 12V 1.5A / 12V 5A

B:3Dセンサ
・センサASUS Xtion PRO
・仕様640 x 480 @30フレーム/秒
・レンジ0.8 - 3.5 m

C:コンピュータ(ノートPC)
・プロセッサIntel Core i3-4010U
・メモリー4 GB
・HDD500 GB
・インターフェイスUSB 2.0、 USB 3.0、 WiFi、 Ethernet、
VGA、 HDMI、 SDカード


D:TurtleBot 2 ハードウェア
・マウントプレートTurtleBot 2 モジュールプレート
(穴の間隔 1インチ)