サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > 研究・実験用機器 > 燃料電池 > ClearPak Experimentation Set

ClearPak 燃料電池及び水素発生器実験キット

概要

CLEARPAK実験キットは、燃料電池の物理、化学およびエンジニアリングを教育するための、完全な教材ソリューションです。 CLEARPAK燃料は、25c㎡の単一セルで、セル内部での水の動作が見えるようになっているシースルー設計になっています。 ユーザーに対して、燃料電池スタックのエンジニアリングでの性能と水管理の見識を深めさせます。 10アンペアの電流を提供するCLEARPAKは、真の性能を提供する本物の燃料電池です。 実験キットのコンポーネントは、初心者から熟練ユーザーまで対応しています。 キットには、CLEARPAKを動作させ、評価するために必要な全てのコンポーネントが含まれております。 調整可能な電子負荷、調整可能なフローメーター付エアサプライ、自動液体保管及びろ過機能付水素サプライ等。 コンポーネントは、堅牢、実践的で簡単操作のために設計され、市販の燃料電池システムを再現するように設計されております。 CLEARPAKのほかに、実験内容の幅を広げるために、様々なフローフィールド設計またはMembrane-Electrodesアセンブリーにカスタマイズすることが可能です。




特徴

完全なソリューション

堅牢設計

高品質コンポーネント

実戦的で簡単操作

実験結果の大型表示

ClearPakコンプリートキットの実験

下記の実験を可能にします。

特性の分極曲線をプロットする

エネルギー変換及び効率計算

Air Stoichiometry率効果の影響

電圧との2パージ効果

Temporized purgesを通した水素供給管理

ガスフローに応じた水バランス/燃料電池水化

MEA圧縮が燃料電池の性能に与える影響


構成

基本実験キット
 ・ClearPak燃料電池
 ・1つのMembrance-Electrodesアセンブリー
 ・調整可能なフローメータ付エアポンプ
 ・10sLメタルハイライドH2保管
 ・H2プログラマル自動サプライ
 ・電気ケーブル及びコネクタ
プレミアム実験キット
 ・基本実験キット一式
 ・追加空気取込式カソード圧縮プレート
  (リアクション提供用のフリー空気運搬)
 ・内蔵温度センサ及び表示機器付圧縮プレート
 ・準備セット(精密トルクスクリュードライバー、T4 allen tip、
  マイナスドライバ)
 ・追加10sL H2タンク
 ・水化2つのMEAs
キャリーバック ClearPak性能




仕様

ClearPak セル有効範囲 25 c㎡
標準フローフィールド 単一Serpentine
最大電流 16 amps
最大電力 7 watts
最大動作温度 70 ℃
最大動作圧力 2 bargs
電気ロード 電圧範囲 0 ~ 1.2 V
電圧分解能 0.0001V
電圧精度 ±0.66 %
電流範囲 0 ~ 20 A
電流分解能 0.01 A
電流精度 ±1 %
制約モード コンスタント電圧
コンスタント電流
電圧プローブ 電圧メインストリームから分離
電源 24V 電源サプライまたは 9V 電池
水素保管 タイプ AB5 メタルハイドライド
容量 10 NL
最大圧力 @25℃ 500 mbarg
コネクタの種類 Quick coupling
水素パージ パージ持続 Off 、0.05 秒、0.1 秒、0.2 秒、0.5 秒 1 秒、1.5 秒、2 秒、連続
パージ速度 10 ~ 30 秒
電源 24 V 電源
エアサプライ ポンプの種類 Eccentric diaphragm
調整可能なフローメータ 0.2 ~ 1.2 sL/分
電源 24 V 電源


標準フローフィールド 単一Serpentine 最大電流 16 amps