サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > 医療・ライフサイエンス > メディカル手術トレーニング > 手術トレーニング > 膝関節手術シミュレータ

膝関節手術シミュレータ

特徴

膝及び肩の関節鏡

全身の部分麻酔

角膜交換及び眼球再生

コンパートメント症候群診断及び筋筋膜リリース

External Fixation 又は Intermedualary rod での大腿骨骨折管理

解剖手術に含まれる内容:
  ・ 内頚静脈の Cannulation
  ・ 大腿動脈の Cannulation


TolTeck 社では、現在2種類の手順シミュレータを開発しております。それぞれのシミュレータでは、Visible Human からの写真解剖精度に基づいた、コンピュータグラフィックスの完全な教育環境のトレーニングシミュレータを提供します。更に臨床手順で必要とする場合には、 3D ステレオ表示も用意しております。
それぞれのシミュレータは、SensAble Technologies 社製 Phantom を採用しており、包括的な仮想教師によるガイド、評論及び評価を各学生に対して、それぞれの手順で提供します。 2008年に初のシミュレータが発売されます。このシミュレータは適正のためのトレーニングと膝関節の診断に必要な効果的な技術を取得のための完全な評価を提供します。このシミュレータは、American Academy of Orthopaedic Surgeons (AAAOS)、Arthroscopy Association of North America (AANA) 及び American Board of Orthopaedic Surgency (ABOS) との協同開発で製作されました。
左側は仮想教師を表示した画面です。関節鏡の画面が、ユーザーの操作に合わせて右側の画面に表示されます。ユーザーは、左手でスコープを持ち、右手にプローブを持っております。教師画面の一般的な画面が右に表示されております。

共通プラットフォーム

2008年後半に発売予定のシミュレータは、複数の手順を適正にまた効率的にテストするために構成可能な共通プラットフォームワークステーションを持つマルチ用途のシミュレータです。特殊なハードウェア及び体の解剖構成を必要としない手順は、このシステムで直ぐにシミュレーションできる用意が出来ております。機器及び解剖構造は、素早く交換が可能です。ハードウェアは、特殊な機器の為に直ぐに再設定されます。触診及び超音波ガイダンスは、必要に応じて用意されております。
共通プラットフォームワークステーション用に開発されている手順は以下の通りです。

これらのシミュレーションの構成では、更に幅広い手順に拡張が可能ですので、必要な用途についてはご相談下さい。 共通プラットフォームワークステーションは右に表示されております。仮想患者の3D ステレオ表示画像が、眼鏡やゴーグル不要で表示されております。下記の画像は、2画面のモニターを同時表示した鏡の拡大画面です。これにより、3Dステレオ表示画面を提供しております。