サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > 医療・ライフサイエンス > 医療画像 > X線フィルム用デジタイザ

X線フィルム用デジタイザ

米国VIDAR Systems社製のX線フィルムデジタイザでは、多くのオプションを用意しております。 マンモグラフィ等で得られた電子カルテの画像診断が出来る、画像管理データベースを構築できます。

オプション機能イメージ

豊富なソフトウェアオプション
標準搭載のドライバーソフトウェアMedScan-Driverは、フィルムの読込みの全ての制御、12ビットとウィンドウレベル調整、DICOM3.0形式でのファイル保存を行う強力な機能を持ち、PACSネットワーク環境へのフィルムデジタイザステーションとしての高度なシステム構築を可能としました。

MedScan-Driver標準機能
DICOM保存機能 DICOM3.0での保存機能の他、TIFF、Bitmap、JPEG等、PACS環境から学会発表等さまざまな用途をサポートする豊富な保存形式。
CT/MR画像自動分割機能 CT/MR等の複数のコマに分かれたフィルムをディジタイズした後、コマを自動認識、または手動分割。
オプション機能
プリントエクスプレスDICOMデュープ 富士フイルム、コニカミノルタ、コダック、コドニックス、アグフア社製ドライイメージャにスキャン画像を直接プリント。
RIS/HIS患者情報取得ソフトウェア 各社RIS/HISから患者情報を取得。
磁気カードリーダー 患者情報の入っている磁気カードを読込むカードリーダー及びソフトウェア。
長尺フィルム対応 等身大の長尺フィルムをデジタイズ。
画像管理データベース DVD・DICOM簡易PACSシステムを参照。
DICOM送信ソフトウェア 各社PACSサーバーへの画像送信機能。