サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > 医療・ライフサイエンス > 医療画像 > CT画像可視化ソフト > Rendoscopy

Rendoscopy バーチャル大腸内視鏡検査

特徴

完全に自動化された後処理-手作業を要しません。

完全な大腸粘膜検査 - 見えない箇所がありません。

大腸を分割または回転する - 結腸ヒダの裏を見ることができます。

マルチパストラッキングシステム - つぶれている範囲のパスを見つけます。

部分容積効果の無い3D表面-最高のコントラスト分解能。

3D表面上で可能な限り最高の空間分解能- 検知精度を高めます。

完全DICOM

自動レポート作成機能。


ミュンヘン大学のDr. M. Reiser氏により開発



自動化バーチャル検査(大腸内視鏡)
3D後処理アプリケーションにより作業の流れを効率化させます。