サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > 医療・ライフサイエンス > 医療画像 > CT画像可視化ソフト > ORS Visual

2D/3D/4D 可視化PACSビューワ ORS Visual

特徴

航空産業から誕生

高速可視化PACSビューワ

CT/MR/US/PET画像データ使用可能

2D/3D/4D画像レビューと解析

ボリュームレンダリング

ユーザープロファイル

DICOM

MPR

アドオン


概要

ORS Visualは高速で強力な最先端可視化PACSビューワソリューションです。 CT、MR、US及びPET画像データから生成された2D/3D及び4D画像のレビュー及び解析を可能にします。 ORS Visualは導管、血管プローブ及びその他のアプリケーションに対して、様々なモジュールで専門家のニーズに対応します。更にORS Visualは、直感的な臨床ワークフローを使用してグラフィックプロセッサーの能力を最大限に生かして、可視化性能及びセグメンテーションの速度を向上させます。PACSへの簡単なインテグレーションと多数のアドオンモジュールにより、ORS Visualは市場で最も身近で拡張性の高い解決策となります。 ORS Visualは航空宇宙業界での厳しいQA環境で、長い年月提供してきた同じ強力なORSプラットフォームテクノロジーを使用しています。

機能
DICOM ・ワークリストのサポート
・既存のPACSに簡単に統合可能
・ローカルでDICOMデータベースを作成
・DICOMファイルインポート
・DICOMDIRインポート
・自動画像グルービング
・自動シリーズ分割
・柔軟なルールの匿名化ツール
・非スクエアピクセル比率をサポート
・全てのDICOM Metaデータを読み込み、表示
MPR ・oblique、double oblique、curved oblique
・カーブ及びクロスカーブMPR読込
・MIP、AvelP、MinIP及び色ボリュームスラブ
・2Dレビュー及び比較
・3Dカソール及びRCS座標同期
・注釈及び計測
・MPR形状選択
・ドラッグアンドドロップ画像フュージョン
・リニア、Gaussian and Perlinウィンドウレベル
ユーザープロファイル ・ユニークなユーザープロファイルを名前に応じて作成
・ユーザーログイン・認証
・PACS Queryプリセット/ユーザー
ボリュームレンダリング ・3D/4Dボリュームレンダリング(ライティング及びシャドー)
・球面及びシリンダークリッピング
・3D動画の作成及びエキスポート
・カラーマッピング不透明設定オプション
・3Dセグメンテーション及びボリューム計測
・ボリューム彫刻
・画像登録
・フライスルー及びバーチャル大腸検診
アドオン ・Volume Sculpting
 基本目的ボリューム構築ツール。フリーハンドボリューム構築、インテンシティレンジブラシ  アクティブカラー(ライブワイヤ)及びポイント+クリックセグメンテーション
・AAA
 腹部大動脈瘤セグメンテーションツール。  血栓セグメンテーション、最大直径定量化及び内部・外部壁分離
・Cartoid Xtractor
 CTスキャンの頚動脈セグメンテーション用、2回のクリックのセグメンテーションツール
・AVM
 Artero導管奇形ツール ・Vessel Xtractor
 基本目的血管セグメンテーションツール。自動センターライン、カーブ斜線表示及び  フライスルーモード
・Liver Xtractor
 肝臓セグメンテーションツール。CT、MRI画像をサポート
・3DMI Registration
 継続的な情報アルゴリズムに基づいた自動登録
・Registration
 ユーザー定義のランドマークで半手動登録
その他 ・ユーザー設定可能なキーボードショートカットで効率化
・アプリケーションから直接CD及びDVDを焼付け
・動画、動画シリーズ及びカスタムサイズポスターをエキスポート


ページトップへ戻る