サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > 工業用検査測定 > 3次元形状計測 > TeZet CAD

TeZet CAD

チューブ3D形状計測(3D造形)
チューブの曲面、直線面、口径および終点面の計測を、レーザースキャナや非接触フォークを用いて作業空間内の3次元(XYZ)座標値としてチューブ形状の取得をします。 レーザースキャナ、非接触フォーク、計測アーム、計測スティックを使い分けて計測します。 そして計測データの比較と文書化を行います。
チューブ形状測定後、パイプベンダーファイルへの出力も可能(オプション)ですので、パイプのコピーに最適です。



技術仕様

対応OSWindows Vista、Windows 7(32Bit、64Bit)
推奨メモリ1GB以上
推奨空きHDD1GB以上
対応フォーマット3D IGES(入力/出力), Excel(入力/出力), ASCII(出力)


コードレス・フリーハンド3D計測スティックMicronScan レーザースキャナ計測用テーブルに取り付けられた
アーム型3Dデジタイザ
フランジ付チューブ 計測、比較を 行い
フランジの角度を文書化
スプラインで計測 CADデータと比較・
文書化
結合性と組み付け誤差の比較
計測点を正確に示すレーザーポインタ付き
非接触フォーク
MicroScanレーザースキャナによる計測6軸MicroScribeに取り付けた
非接触フォーク
リアルタイムでチューブデータの変更
を行うデザインツール
許容誤差エンベロープとして比較自由形状で曲げられたチューブの 計測と
文書化
180°の屈曲を計測、文書化オートバイフレームの計測図面化された特殊フラットチューブ



ページトップへ戻る