サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > 工業用検査測定 > 3次元形状計測 > geomagic Design X

geomagic Design X

geomagic Design Xは3Dスキャンデータを元に設計
及び製造で使用するための正確なエンジニアリング
データを提供する、世界で唯一の3Dリバースエンジニ
アリングソフトウェアです。
3Dスキャンデータを非常に精度の高いポリゴンモデル
やネイティブなCADモデルに変換し、リバースエンジニ
アリング、製品設計、ラピッド プロトタイピング、
解析などの用途で使用できます。


特徴


・各社3Dスキャナ、デジタイザとの互換性
・既存部品活用
・短時間で複雑形状作成
・正確なデジタルモデル作成
・真の性能評価
・設計意図を再現
・設計効率向上
・製品検査の短縮

geomagic Design X を使用すれば、限りなく多様で複雑な実物の形状をかってないほど素早く簡単にデジタルで再構築できます。これらのオブジェクトの3Dスキャンデータを使用して、設計の意図や、製造品の正確な形状を反映したモデルを作成することができます。
製品設計、部品のエンジアニアリング、マスカスタマイゼーションから、エンジニアリング解析、ラビットタイピング、デジタルアーカイブまで、geomagic Design X は、実際の部品をデジタル世界に再現することで、新たな可能性を開きます。
PTB (Physilisch-Techniske Bundesanstalt) の認定を受け、geomagic Design X は、高品質なサーフェイス、高精度なジオメトリ、カラー、テクスチャを生成する特許取得技術とアルゴリズムを備えています。



既存の部品を活用

CADモデルを作成するときに、目的のものを表現する実際の部品が既にある場合は、寸法や形状の入力が必要なブランク画面から始める必要はありません。geomagic Design X を使用すれば、既存の資産を活用して設計サイクルを短縮し解析、CADおよび他の下流のアプリケーション用にモデルを作成することができます。

わずかな時間で複雑な自由形状を作成

従来のCADツールで複雑な自由形状を作成するのは骨の折れるプロセスで、実際の部品を製造するよりもずっと多くの労力を必要とすることがあります。geomagic Design X を使用すれば、既存の部品を用意するところから始めて、スキャンした後、それを表現する完璧な連続サーフェイスと完全なモデルを自動的に生成します。先進の編集ツールによってさらにモデルを精巧なものにすることが可能です。

デジタルと現実の世界を繋ぐ

コンセプトを洗練し製造に適したものにするため、設計プロセスでは変更が不可欠となります。また、部品が使用された後で、磨耗や破損のために変更が必要になることもあります。geomagic Design X はこれらの繰返し作業をひとつに繋ぎ、デジタルと現実の世界を同列のものとし、完成状態の製品を正確に表現したデジタルモデルの作成を可能とします。変更前後の差異を補正するために、手動で既存のCADモデルを更新する必要はありません。

真の性能特性を評価

CADモデルで流体解析(CFD)や有限要素解析(FEA)などのエンジニアリング解析を実施してもすべてがわかるわけではありません。完成状態の製品をキャプチャし、作成することによって、理想的なCADモデルによる理論解と比較し得る、真の性能特性を評価することができます。

設計意図を再現

新しい geomagic Design X モジュールの使用により、迅速に設計意図を抽出し、オリジナルサーフェイスの美しさを再現することができます。ソフトウェアにより、スキャンデータの不完全な部分が自動的に確認、解析、補正され、CADでそのまま使える高品位な幾何、自由形状サーフェイスが作成されます。幾何形状サーフェイスと輪郭曲線は、他のCADパッケージで、さらに操作する事ができます。その結果、初期形状の作成時間が短くなり、他の作業に多くの時間を費やすことができます。



ワークフロー




ページトップへ戻る