サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > 放送・映画・映像関連 > エッジブレンディング・マルチプロジェクションシステム > Scalable Desktop

自動ジオメトリ補正・エッジブレンディング Scalable Desktop

Scalable Desktop
巨大スクリーン・曲面形状
マルチプロジェクションシステム
自動ジオメトリ補正・エッジブレンディング
  カメラ撮影で完全自動処理・面倒な手作業でのパターン補正が一切不要
Scalable Display Technologies パートナー企業

巨大画面スクリーン当社システムを
任意のプロジェクタ台数で簡単構築
タイル構成+スタック構成で、フルHDや
4K解像度を上回る超高精細表示
平面、曲面、ドーム型、多面構成など
様々な形状や大きさのスクリーンに対応
MIT開発の特許技術による高精度
自動歪み補正とエッジブレンディング
特別な技術や経験を必要としない
わずか数分の簡単自動キャリブレーション

複数のプロジェクタを用いるマルチプロジェクションシステムは、
超ワイドスクリーンや、円筒状あるいは球場といった不定型スク
リーンのための理想的な技術として広く採用されています。
しかしながら、プロジェクタ1台ごとのジオメトリを補正してシーム
レスでつなぎ目のない画面を作り出すには、大変な労力を必要
とします。また、経年による各プロジェクタの劣化は不均一の為
初期設定時ばかりでなくむしろ設置後の品質維持が極めて
重要な問題となります。
Scalable Desktopは、これら諸問題を一気に解決するばかりで
なく、マルチプロジェクションによる新たな可能性を提供する
革新的な技術です。

わずか数分で完了する全自動キャリブレーション
~プロジェクタのダウンタイムは最小限

機械的及び光学的な補正が一切不要、さらに
専門の技術者を必要としない簡単操作
~インハウスメンテナンスを実現 - 大幅なコスト削減

Windowsパソコン環境で動作 (専用ハードウェア不要)
~プロジェクタのダウンタイムは最小限

プロジェクタランプの劣化による輝度と色調の変化を
自動補正、スクリーン間の明るさと色均一性を維持

あらゆるプロジェクタに対応
(ただし色補正にはシリアルまたはネットワーク接続が必要)


     修正前                  修正後
EasyBlend テクノロジー

EasyBlendは、マサチューセッツ工科大学で開発された自動画像補正の特許技術をもとに米国 Scalable Display Technologies社が商品化したプロジェクタ画像のための自動キャリブレーション技術です。
複数のプロジェクタによる当社面全体と各プロジェクタごとに表示される厚生パターンをUSB接続によるカメラで撮影、各プロジェクタの歪みと輝度を補正します。 そしてエッジブレンド調整を行うことで、つなぎ目のない全画面に均一な輝度を持つ高品質画像をもたらします。また、複数のプロジェクタで、同一画面を投射するスタック構成も簡単に補正、プロジェクタ台数分の高輝度当社を可能にします。
更に1台のプロジェクタにおいても、特にリアプロジェクションでのミラーを用いた難しい角度からの当社の際に、
その自動補正機能は極めて有効です。



システム構成(ハードウェアはオプション)

・自動キャリブレーションソフトウェア
 -ジオメトリ補正及びエッジブレンディング
 -色補正(オプション)
・ScalablePlayer 動画表示用ソフトウェア
 -対応フォーマット:WMV、AVI、MPEG2など
・Desktop Wrapper デスクトップ結合ソフトウェア
《必要ハードウェア》
・Windows 7 パソコン
・ビデオプロジェクタ
・デジタルカメラ(キヤノン EOSシリーズ、
 Logitech製webカメラ) - USB接続
[アプリケーション組み込み用にSDKも提供]


スクリーン形状と構成の設定

平面ワイドスクリーンだけでなく、円筒形、ドーム、多面など
様々な形状の当社面を簡単に設定する事ができます。



設定画面


  《ドーム型スクリーン》   《多面型スクリーン》
デスクトップ用曲面スクリーン
EasyBlendの自動ジオメトリ補正を用いれば、背面
投射プロジェクタと小型曲面スクリーンを組み合わせ
て、デスクトップ上でコンパクトな没入ディスプレイを
構築する事ができます。



《システム構成》
・Scalableソフトウェア
・短焦点プロジェクタ
・曲面スクリーン
(ハードタイプ)