サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > 生体信号/眼球運動計測 > QuickGlance3

QuickGlance3

QuickGlance 3 は、Micorsoft Windows XP用に設計されたマウスの代わりとして機能する視線探知システムです。 コンピュータの画面上で必要な箇所を見るだけで、マウスポインターを動かす事が出来ます。 「クリック」はまばたきをする事により行うことができます。 また、右クリック、ダブルクリック、ドラッグ等、ユーザーに対して完全なアクセスを可能にしますので、コンピューターの操作を全て画面上で自然に行うことができます。 コントロール用ソフトウェアは、常にバックグランドで動作するように設計されております。 QuickGlanceは、文字を書く、ウェブサーフィング、コンピュータ支援デザイン、ゲーム等様々な用途で使用されています。 WindowsXPに付属のスクリーンキーボード等を使用する事により、文字や音声によるコミュニケーションが可能です。 一般的には、ALS筋萎縮性側索硬化症など、マウスの使用が困難なユーザーにお使い頂いております。

主な用途

視線入力研究

ビデオゲーム

キオスクシステム

PDAポインター

ウェアラブルコンピューター

美術館

研究所

ドライバーやパイロットの監視

筋萎縮性側索硬化症(ALS)

EyeTracking

ユーザビリティ評価

眼球運動測定


研究者用オプションソフトウェア

EyeScienceソフトウェアは、視点データを集めて、解析したい研究者用に設計されております。
視線データキャプチャ及びプレイバックのインタラクティブな制御を可能にするコントロールパネルや、ソフトウェアとのインターフェイス用のSDKが用意されております。

操作画面キャリブレーション画面



仕様

コンピュータ Pentium 800 MHz以上 1394 (Firewire)ポート Windows 98/XP デスクトップPCまたはノートパソコン
トラッキング手法 ビデオ、瞳孔、赤外線光
精度 約1度
時間的解像度 調整可能30サンプル/秒(モデル3B及び3S) 調整可能15サンプル/秒(モデル3SH)
構成 デスクトップPCの場合は、ビデオカメラ及び光源はコンピュータモニターの前面にマウントされます。 ノートパソコンの場合は、キーボード上に置かれるスタンドにマウントされます。 赤外線ランプは、ディスプレイの裏側に固定され、ユーザー側に向けられます。 (ユーザーには何も接触しません。)
頭の動作可能範囲 ユーザーの目は、カメラの視野内に無くてはいけません。モデル3B及び3Sの場合は6x6cmで、モデル3SHの場合は10x10cmです。 正しい頭の位置を維持する為に、折畳式のイスがオプションで用意されております。 このイスは、研究者用に設計されております。
光源 880nmの出力のLED ユーザーへの光輝は通常の使用で0.5mw/cm3以下です。
キャリブレーション ソフトウェアは16個のターゲットを画面に表示して、ユーザーは一個ずつ見ていきます。 キャリブレーションを一度行うと、その後ずっと使用できます。 複数のユーザー用に、複数のキャリブレーション結果が保存されます。




ページトップへ戻る