サイトマップ

Nihon Binary

トップページ > 製品・ソリューション案内 > 生体信号データ収集&解析システム > MindWare

MindWare 生体信号データ収集&解析システム


プログラマブル・アンプリファイア映像/音声入力と同期再生
アンプリファイアのゲインやフィルターをソフトウェアで設定することができるため、ECG、EMG、EEGといった測定ごとに専用のハードウェアを購入する必要がありません。 映像及び音声入力用モジュールを用いて映像/音声ストリームを取り込み、生体信号データに同期して被験者の挙動や反応を観察することができます。再生筐体は自由に選択が可能です。
モバイル&ワイアレス単一筐体に最大32チャンネル
軽量で小型の歩行用ユニットを用いて、モバイルの生体信号収集が可能です。取得データは、SDメモリカードに保存するか、あるいはWIFIで無線転送してリアルタイム解析を行うことができます。8スロット筐体に最大32チャンネル入力を実装することができます。チャンネルごとに異なる生体信号の測定ができますので、スペースだ絵でなくコストも大幅に節減することができます。
電気的安全性データ収集/解析ソフトウェア
デジタル入力信号は筐体内で光学的にアイソレートされているため、被験者は電気的にグラウンドから完全に切り離されています。特別な機器を用いなくとも安全性が保障されています。 連続・プリセット・イベント取込モードや開始/停止のリモート制御といった機能を持つデータ収集ソフトウェアと、心拍変動、筋電、脳はといった目的に応じた専用解析ソフトウェアが提供されています。



ECG、EMG、EEG、EOGなどおいった生体信号取込のためのハードウェアプラットフォームで、取り込みモジュールと専用筐体が用意されています。データ収集モジュールは信号の種類に応じて選択することができ、映像と音声を入力するビデオモジュール用意されています。モジュール用筐体は2スロットと8スロットの2機種があり、それぞれ最大8及び32チャンネルの構成が可能です。データ入力プラットフォームには、データ取り込み用ソフトウェアBioLabが標準で付属しています。