NextEngine HD Pro




いまこそ、3Dスキャニングをはじめよう!


物体の形状をデジタルデータとして取得できる3Dスキャナ
この最新技術は興味はあるものの、高額な投資に足踏みしている方も多いのではないでしょうか?
NextEngineはそのような方々の期待に応える3Dスキャナのスターターキットです。従来の1/10以下
の価格で、ターンテーブルを含む3Dスキャニングに必要なすべてが手に入ります。
安価であってもその性能に妥協はありません。独自のマルチレーザー方式によりいろ情報の取得も
可能であり、3Dスキャナとして十分なスペックを持っています。



598,000円(税別)
NextEngine HD Pro
デスクトップスキャンの実現

机の上でいつでも手軽に3Dスキャン!
NextEngine独自のマルチレーザー方式と自動制御された回転テーブルの組み合わせにより、あらゆる形状のスキャンを可能にしました。スキャンと同時に表面の色情報も取り込みます。

別売オプション


 MultiDrive  180,000円(税別)
 さまざまな角度で自動スキャン

 回転テーブルを傾けることで、内側の回転スキャンを可能にしました。回転からチルト角の設定まで
 自動制御します。位置合わせも含めたワンクリック自動スキャンが実現します。
 RapidWorks  400,000円(税別)
 スキャンデータから完全なCADモデルを作成

 点群データからフィーチャーベースCADモデルを作成することができるリバースエンジニアリング
 専用ソフトウェアです。
 作成したデータは様々なCADソフトウェアへの出力が可能になります。
 (※本ソフトウェアはNextEngineのスキャンデータ以外の読み込みはできません)
 QA-Scan  300,000円(税別)
 スキャンデータから検査成績表を作成

 点郡データとCADモデルから検査結果を得ることができる検査専用ソフトウェアです。
 CADで寸法入力する手軽さで、公差評価を行うことが可能になります。
 (※本ソフトウェアはNextEngineのスキャンデータ以外の読み込みはできません)


仕様

システム
測定方法NextEngine独自のMultiStripe Laser Triangulation(複数のラインレーザー
によるスキャン)方式
レーザー8つのデュアルレーザー(Class1)
センサ2つの500万画素CMOSイメージセンサ
AutoDrive高精度な回転テーブルにより複数ショットの360度スキャンを実現
MultiDrive(オプション)AutoDriveにチルト角を加えた2軸制御による完全自動スキャンを実現。
推奨荷重1kg以下
ソフトウェア
ScanStudio HD Proスキャン、編集、位置あわせ、合成
出力フォーマットSTL、PLY、XYZ、VRML、OBJ
RapidWorks(オプション)最先端のリバースエンジニアリングツールRapidform XOR3をNextEngine
データ専用オプションとして提供。
AutoDrive高精度な回転テーブルにより複数ショットの360度スキャンを実現
MultiDrive(オプション)AutoDriveにチルト角を加えた2軸制御による完全自動スキャンを実現。
推奨荷重1kg以下
性能MacroモードWideモードExtendedモード
焦点距離241.3 mm (9.5 inch)635 mm (25 inch)635 mm (25 inch)
スキャン範囲(距離)190 ~ 292.1 mm
(7.5 ~ 11 inch)
558.8 ~ 711.2 mm
(22 ~ 28 inch)
558.1 ~ 1016 mm
(22 ~ 40 inch)
スキャンエリア129.5 x 96.5 mm
(5.1 x 3.8 inch)
342.9 x 256.5 mm
(13.5 x 10.1 inch)
584.2 x 431.8 mm
(23 x 17 inch)
精度±0.1 mm
(100 micron)
±0.3 mm
(300 micron)
0.3+ mm
(300+ micron)
その他
システム要件2.5GHZ Quad Core CPU、16GB RAM、Fast GPU RAM
Windows 7 / 8 / 10 (64bit)
インターフェイスUSB2.0 インターフェイス(USBケーブル同梱)
電源 / サイズ / 重量100 - 240 VAC(電源ケーブル同梱) / 224(W) x 277(H) x 92(D) mm / 約3kg