Mark X7




妥協のない強さ、精密さ、そして美しさ

Mark X7は3Dプリンター市場で最もパワフルな性能
を持っています。史上初の公差感知システムを備え、
驚くべき強度のパーツを工業規模で造形します。
Mark X7はあらゆる製造業者に必須の3Dプリンター
です。

Markforged社独自の繊維強化による金属並の強度を
もったパーツの造形と、「設計通りのアウトプット」
を実現する先進的なセンサー、そして美しいONYXの
表面仕上げ、これら全てを兼ね備えているのがこの
MARK X7です。

Mark X7はユーザーのどのような設計コンセプトをも
形にする力を持っています。

・ 補綴デバイスおよび補助技術。
・ ロボットアプリケーション。
・ ジグ、治具、および工業用工具。
・ 高強度で精密な最終使用部品。

大サイズの3Dプリントと、高い分解性能

造形容積
330 x 270 x 200 mm

積層ピッチ
50 μm

Mark X7のビルド容積は大きく、ロボットや自動車産業、機能試作や人口装具の作成等に最適です。
リジッドフレーム、スムーズで静かなステッパーモーターなどからの安定性が向上したMark X7は 印刷エンベロープ全体の沙右舷性を向上させ、詳細なプリントでは50ミクロンの高解像度積層ピッチになります。 積層ピッチ50μmという分解性能で、表面仕上げの美しい、射出成形に迫る質感のパーツが造形されます。

品質と精度のためのインプロセス検査

Mark X7は3Dプリンターとして、品質と精度の両面での飛躍的向上を達成しました。 Markforged社のクラウドベースのソフトウェアEigerと、プリントヘッドのレーザー変位センサーを 用いて造形中のパーツを厳格な許容誤差の範囲でスキャンすることにより、常時寸法の精度を確認することが可能です。


要求精度と許容誤差で、 設計通りの造形を実現

Markforged社のクラウドベース・3Dプリントソフト「Eiger」で許容誤差を設定することで、 造形中にMark X7がパーツをスキャンした際に、造形が設計通りに行われているか否かを確認できます。 誤差を検知するとユーザーに警告。ユーザーは遠隔操作で造形をキャンセルすることで、時間と材料を節約することができます。

仕様

プリンタ仕様
プリント技術CFF (Contunuos Filament Fabrication) / 熱溶融積層方式
造形サイズ(X、Y、Z)330 x 270 x 200 mm
Z軸積層ピッチ50μm
検査パラメータビーム直径 50 μm / Z軸分解能 1 μm
寸法575 x 467 x 928 mm / 575 x 467 x 424 mm(キャビネット含まず)
電源100-240V 150W
メカニカル
シャーシ陽極酸化アルミ ユニボディ
造形プラットフォーム動的に連結
ドラフトブロックエンクロージャ対応
インターフェイス4インチタッチスクリーン
ソフトウェア
ソフトウェアクラウドベース
対応OSMac OS 10.7 Lion以降、Windows7以降、Linux
対応ブラウザChrome バージョン30以降
対応ファイル形式STL
接続インターフェイスWiFi、イーサネット、USBフラッシュドライブ

材料の種類

《繊維材料》
● 炭素繊維 / Carbon Fiber:
炭素繊維は重量当たりの強度と熱伝導率が最も高い材料です。 最大限の強度と剛性を必要とする
アプリケーションに最適です。
● HSHT ファイバーグラス / HSHT Fiberglas:
高強度、高耐熱ガラス繊維は高温環境下で高い強度を必要とするユーザーの為に設計されました。
● ファイバーグラス / Fiberglass:
ガラス繊維は最もコスト効果に優れた材料です。炭素繊維と同等の強度ですが、 剛性は40%程度で
重量は2倍です。強度と耐久性を必要とするアプリケーションに最適です。
● ケブラー / Kevlar:
ケブラーは摩擦抵抗が低く柔軟な材料です。丈夫で衝撃に耐性の高い部品が必要な際に最適です。

《プラスチック材料(母材)》
● ナイロン
● オニキス / ONYX:
オニキスは高耐熱性(145℃)でナイロンの強靭性と繊維素材の剛性を併せ持ったマイクロカーボン強化ナイロンフィラメントです。

安心の認定代理店

弊社は米国Markforged社に認定された正規代理店です。
トラブル発生時には正規トレーニングを受けた技術員が対応します。